Personal tools
You are here: Home books 「フェルデンクライスメソッド」を含む記事
Document Actions

「フェルデンクライスメソッド」を含む記事

Up one level
Blgoのタイトルや本文の中に「フェルデンクライスメソッド」という単語を含む文章です。私のフェルデンクライスメソッドの体験談や感想を書いています。
フェルデンクライスメソッド 75回目 by seko — last modified 2010-08-15 13:50
8月8日のレッスンです。 最初に床の上に横になり、体のどの部分が床についているかを観察するボディスキャンを行います。 次にうつ伏せになり、脚を90度に折曲げて、足の裏が天井を向くようにします。そして、両方の足をくっつけたり離したりします。かかとを...
フェルデンクライスメソッド73回目 不可能を可能に by seko — last modified 2010-07-25 21:14
7月11日のレッスンの記録です。ブログに書いたつもりだったのですが、気のせいだったようです。 今日のレッスンは大技でした。 床の上に右側を下にして横になります。右腕は肘を直角にして脇腹につけておきます。先生からは、肘を背中の側に出せと言う...
フェルデンクライスメソッド74回目 痛みに気づかない体 by seko — last modified 2010-07-25 20:20
最初に床の上に横になり、体のどの部分が床についているかを観察します。するといつも以上に左の腰から上の部分が持ち上がっていることに気づきました。 次に床に座り、後ろに手をつきます。この状態で、首を上げたり下げたりします。 鼻、顎、耳たぶなど色々な場...
フェルデンクライスメソッド72回目 by seko — last modified 2010-07-05 21:53
6月27日のレッスンです。 床に座り、後ろに手をつきます。そして目の前に時計をイメージして、鼻の頭を円周に沿って回します。その動きを、左の耳たぶ、左目、顎など色々なところに意識を向けながら行いました。 後はよく覚えていません。 関連リンク: ...
愛するということ エーリッヒ・フロム (著) by seko — last modified 2010-07-04 11:12
愛するということ 現代資本主義はどんな人間を必要としているだろうか。それは、大人数で円滑に協力し合う人間、飽くことなく消費したがる人間、好みが標準化されていて、他から影響を受けやすく、その行動を予測しやすい人間である。また、自分は自由で...
フェルデンクライスメソッド71回目 お腹ヘビになる by seko — last modified 2010-06-13 21:14
前回と今回、2回連続して一つのレッスンを行いました。。 基本的な姿勢は、床に座り、足を右側に流し、左手で体を支えます。右手は頭の上におきます。そして、右のの耳と肩を近づけたり、離したりします。このとき、座骨にかかっている体重の変化に意識を持って...
フェルデンクライスメソッド69回目 帰ってきた伏龍 by seko — last modified 2010-05-11 23:09
今日のレッスンは、仰向けに寝転がり、両ひざをたて、足の裏を床に押しつけることにより、尾てい骨から背骨を一個ずつ持ち上げていくという動きです。 基本的には、2年前にやった伏龍の動き です。 ここ一年くらいで気づいたのですが、私の場合、体調が悪いと立った...
フェルデンクライスメソッド68回目 解けたつもりが解けてない by seko — last modified 2010-04-25 22:12
今日のレッスンは、仰向けに寝転がり、両手をできるだけ頭の方に持って行き、わずかに動かすというものです。 両手を万歳の格好にしたいところですが、実際は真横より少し上くらいまでしかいきません。その状態で親指が床につくように回転させます。小指が床につく方...
フェルデンクライスメソッド67回目 何回やっても思い込み by seko — last modified 2010-04-11 22:16
今日のレッスンは、仰向けに寝転がり、両膝を立てて倒していくというシンプルなものでした。 脚を倒すときに、足の裏や股関節、さらに上の方にある肩胛骨などに意識をむけながら行います。 頭を脚と同じ方向に転がしたり、脚と頭を逆の方向に転がしたりもしました。...
フェルデンクライスメソッド65回目 正しさは人を縛る by seko — last modified 2010-03-14 22:26
いつものように床に仰向けになり、身体の床との接触を確かめます。 その後、右の足指を外側に倒して、その動きが膝、腰、さらに上方にどのように伝わるかを観察します。私はそもそも足先が外側に向いてしまっているせいか、この動きが苦手です。 この動きに踵を座...
フェルデンクライスメソッド63回目 リンゴのつかみ取り by seko — last modified 2010-02-14 23:20
今日のレッスンは、リンゴ狩りです。 最初は床に仰向けになり、身体の床との接触を確かめます。 その後、右手を天井に向けてまっすぐ持ち上げ、枝になっているリンゴを取るように伸ばしていきます。10cmくらいはいけそうです。同じことを左でやってみると、こ...
フェルデンクライスメソッド62回目 ゼンマイじかけのワラビ by seko — last modified 2010-01-25 22:38
今日のレッスンは、椅子を使って行いました。道具を使うのは、62回目にして初めてのような気がします。 最初はいつものように床に仰向けになり、身体の床との接触を確かめ、息がどのあたりまで伝わっている感じがするかを観察します。不思議なことに、息を吸うと右...
フェルデンクライスメソッド60回目 何だか幸せ リバースイモムシ by seko — last modified 2010-01-24 19:11
今年最後のレッスンです。 最初に先生から、歩く時に意識していることはありますかという質問がありました。「靴底の減り方が感じられる」、「重心を中心とした三角形がうごいているのを感じる」「体重が外側にかかっていると体調が悪い」などの答えがありました。こ...
イアン・エアーズ (著) その数学が戦略を決める by seko — last modified 2009-12-20 21:34
イアン・エアーズ (著) その数学が戦略を決める ワインの出来から、野球選手の発掘、政策決定、医療、裁判の結果まで、データを機械的に分析しただけの方が、専門家よりよほど正確に出せるようです。例えパラメータが2,3個であっても、人間の判断は印象...
フェルデンクライスメソッド59回目 心の縛りが身体を縛る by seko — last modified 2009-12-13 22:05
今日のレッスンは背骨や肋骨の動きを感じるものでした。 床に横になり、ボディスキャンを行った後、両手を組んで頭の下に入れて、手の力を借りて頭を持ち上げます。どれくらい力がいるか、どこまで持ち上がるかを観察します。 次に、両脚を立て、足を床から離してお腹...
フェルデンクライスメソッド58回目 目は口ほどにものをいう 口は。。。 by seko — last modified 2009-12-13 22:07
11月22日のレッスンは口の大きさを感じるというものでした。 いつものように床に仰向けに横たわり、動かすのは口だけでした。最初に、口の体積を観察した後、舌全体で口蓋を押したり、唇と歯茎の間に舌を入れたりします。また、指を口の中にいれて大きさを感じた...
わたし 弱ってます by seko — last modified 2010-01-20 21:27
10月17日の夜中に嘔吐してから、お米、味噌汁、スープくらいしか食べられない日が続いています。 疲れもひどく、このところは週休4日の生活です。マカロニさんが、「私がいるから大丈夫です。ゆっくり休んでください☆」といってくれるのでその言葉に甘えていま...
斎藤 公子 (著) 生物の進化に学ぶ乳幼児期の子育て by seko — last modified 2009-11-09 00:15
斎藤 公子 (著) 生物の進化に学ぶ乳幼児期の子育て Reikoさんのブログ で紹介されていた本です。 著者は戦後の混乱期にさくら・さくらんぼ保育園を作り、多くの園児や脳障害をもった子供を救ってきた先生です。 その手法は科学的であり、フェル...
フェルデンクライスメソッド57回目 アラビアの夜のゴンドラ by seko — last modified 2009-12-18 22:36
最初はいつものように床に横たわり、身体のどの部分が休んでいるかを感じます。そして、骨盤と頭が水の入ったボウルだと想像して、それがどんな様子かを観察します。私の骨盤のボウルは大きく浅く左に傾き水が流れ出しています。頭のボウルは小さく深く、顎のあたりから...
フェルデンクライスメソッド56回目  by seko — last modified 2009-10-25 21:59
駅のホームにいるとコートがほしくなるような寒さです。 本日の動きは大変地味でした。 最初に、右足、左足、それぞれ一本足で立ってみます。目を開けていれば何とか立っていられる感じです。 仰向けに寝転がり、ボディスキャンをした後、右足の親指を天井を向くよ...
« July 2018 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 

Powered by Plone, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: