Personal tools
You are here: Home Plone CentOS5.1にPlone12.1.4 をインストール
Document Actions

CentOS5.1にPlone12.1.4 をインストール

by seko last modified 2008-08-30 17:17

CentOS5のインストール情況

  • デスクトップ環境がインストールされている。
  • 開発環境とライブラリもインストールした気がする
  • インストールするサーバのIPアドレス:192.168.11.3
  • Xen上のDomainU上にインストールされている

インストールするバージョンの一覧


Zope用ユーザの追加

Zopeをroot権限で動かすのは好ましくないので、専用のユーザを作る。

# adduser zope


Pythonのインストール

Zope2.8.6を動かすためにはPython2.3.5が必要である。(2.4以上はサポート外)

CentOS5のPythonのバージョンを確認するために、 python -Vと打ち込んで見るとpython2.4.3である。そこで今回はZope専用のpythonをインストールすることにする。

頭の$は一般ユーザ(ここではzope)、#はrootであることを示す。

# mkdir /opt/python2.3.6
# ]# chown zope /opt/python2.3.6/
# su - zope
$ tar zxvf Python-2.3.6.tgz
$ cd Python-2.3.6
$ ./configure --prefix=/opt/python2.3.6
$ make
$ su
# make install

これで、/opt/python2.3.6/bin/python2.3 と/opt/python2.3.6/bin/pythonにpythonがインストールされた。 /opt/python2.3.6/bin/python と入力すれば新たにインストールしたバージョンが起動する。


Pythonモジュールのインストール

http://www.python.jp/Zope/download/JapaneseCodecs から最新版のソースコードをダウンロード。不思議なことにWindowsでダウンロードしようとすると拡張子がデフォルトでtar.tarになってしまうので、tar.gzに直すこと。 現時点でのバージョンは1.4.11

$ tar zxvf JapaneseCodecs-1.4.11.tar.gz
$ cd JapaneseCodecs-1.4.11
$ /opt/python2.3.6/bin/python setup.py build
$ su
# /opt/python2.3.6/bin/python setup.py install

PIL http://effbot.org/downloads/最新版をダウンロード。 現時点での最新バージョンは1.1.6

$ tar zxvf Imaging-1.1.6.tar.gz

$ cd Imaging-1.1.6
$ /opt/python2.3.6/bin/python setup.py build

次のような警告がでた

*** TKINTER support not available
*** JPEG support not available
--- ZLIB (PNG/ZIP) support ok
*** FREETYPE2 support not available

必要そうなものをインストール

# yum install tkinter (たぶんいらない)
# yum install gd-devel
# yum install tcl-devel(たぶんいらない)

もう一度buildしてみる

$ /opt/python2.3.6/bin/python setup.py build

*** TKINTER support not available
--- JPEG support ok
--- ZLIB (PNG/ZIP) support ok
--- FREETYPE2 support ok
TKINTERはサポートされないようだが、下の記事をみると問題ないようなので続行

http://zope.jp/documents/how-to/pil-install

$ su
# /opt/python2.3.6/bin/python setup.py install

以上で、Python2.3と必要なモジュールのインストールは終り。

Zopeのインストール

Windowsでダウンロードしようとすると、拡張子が変わるので正しいものに直して保存すること。

$ pwd
/home/zope/src

$ tar zxvf Zope-2.8.9.1-final.tgz
$ cd Zope-2.8.9.1-final
$ ./configure --with-python=/opt/python2.3.6/bin/python

$ make
$ su
Password:
# make install
画面が流れて最後に
Zope binaries installed successfully.
Now run /opt/Zope-2.8/bin/mkzopeinstance.py
#
Zopeのインスタンス(Data.fs)が入る場所を作る
# mkdir /var/zope
# chown zope:zope /var/zope
# exit
$ /opt/Zope-2.8/bin/mkzopeinstance.py
Please choose a directory in which you'd like to install
Zope "instance home" files such as database files, configuration
files, etc.


Directory: /var/zope
Please choose a username and password for the initial user.
These will be the credentials you use to initially manage
your new Zope instance.

Username: admin
Password:
Verify password:

以上でzopeのインストールは完了

起動してみる

$ /var/zope/bin/zopectl start

ブラウザからhttp://192.168.11.3:8080/でアクセスしてZopeの画面が表示されればOK

Ploneのインストール

$ tar zxvf Plone-2.1.4.tar.gz 
$ mv Plone-2.1.4/* /var/zope/Products/
[zope@zope3 src]$
README.txtを上書きするかと聞いてきた場合は、yes

Ploneデフォルト文字コードの設定

Ploneの文字コードはUTF-8が推奨されているらしい。

root@zope3 python]# cd /opt/Zope-2.8/lib/python/
[root@zope3 python]# vi sitecustomize.py
次の二行を書いて保存
import sys
sys.setdefaultencoding("utf-8")

Plone起動前のオプション設定

デフォルトでは8080で起動するが、80で見られるように変更する。

[zope@zope3 python]$ cd /var/zope/etc/
[zope@zope3 etc]$ vi zope.conf
次の部分を修正して保管
# trusted-proxy 192.168.1.1
trusted-proxy 127.0.0.1

# effective-user chrism
effective-user zope


# An HTTP server starts on port 8080.
<http-server>
# valid keys are "address" and "force-connection-close"
address 80
# force-connection-close on
</http-server>

Zopeの起動

ポート80で起動するため、rootユーザでなけらばならない

# /var/zope/bin/zopectl start

http://192.168.11.3:/ にアクセスするとZopeの画面がでる。

Zopeの文字コードの設定

http://192.168.11.3:/ にアクセス。adminでログイン

ルートフォルダーに文字コードの設定を追加

Root Folderをクリックし、タブのPropertiesを選びます。

表示された画面で、新しいプロパティを追加します。

Name:management_page_charset Type:string Value:utf-8 としてAddする。

Ploneインスタンスの作成

ploneというフォルダーを追加して、そこに移動。

Plone Siteを追加。IDはseko Titleは Portalとした。

http://192.168.11.2/plone/seko

でPloneサイトが見られる。

Productsのインストール


COREBlog2のインストール
$ tar zxvf COREBlog2_0982b.tgz
$ mv COREBlog2 /var/zope/Products/

ZWikiのインストール
$ tar zxvf ZWiki-0.59.0.tgz
$ mv ZWiki /var/zope/Products/

$ tar zxvf jaMailHost-0.4.4.tgz
$ mv jaMailHost /var/zope/Products/

$ tar zxvf ejSplitter-0.5.1.tar.gz
$ mv ejSplitter /var/zope/Products/

/var/zope/bin/zopectl restart
とリスタートしても、なぜか現れない。
Zopeの管理画面を見ると、リスタートされてないようだ。
管理画面からリスタートするとOK


Data.fsの移行
/var/zope/var/に旧マシンのData.fsをコピーする
/var/zope/bin/zopectl restart
とリスタートしても、なぜか現れない。
Zopeの管理画面を見ると、リスタートされてないようだ。
管理画面からリスタートするとOK



« July 2017 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 

Powered by Plone, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: