Personal tools
You are here: Home Lights on Zope フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!
« March 2017 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Recent entries
Python Anywhere seko 2016-11-19
帯状疱疹 seko 2016-11-18
Chromebook購入 seko 2016-11-03
マカロニさん めざせデータサイエンティスト seko 2016-11-02
脳波計muse 購入 seko 2016-09-04
フェルデンクライスメソッド227回目  seko 2016-08-27
EXCELマクロ タスクが残っていてTypeNameとShell.Applicationを使って起動済みのIEが探せない seko 2016-04-19
pythonでNITE 化学物質総合情報提供システムへアクセス seko 2016-04-19
Raspberry Pi 3で侵入者を発見 seko 2016-04-03
Raspberry Pi 3 OSのインストール seko 2016-04-02
Docker コンテナをexportするpythonスクリプト seko 2016-03-31
Effective Python ―Pythonプログラムを改良する59項目 seko 2016-03-30
確かな力が身につくPython「超」入門 鎌田 正浩 (著) seko 2016-03-29
pythonでバブルソート seko 2016-03-24
Recent trackbacks
『必笑小咄のテクニック』 米原万里 じゅうのblog 2016-04-26
まんが 哲学入門 天竺堂の本棚 2014-02-24
史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち 天竺堂の本棚 2014-02-19
「本屋さんで待ち合わせ」三浦しをん 粋な提案 2013-10-01
PythonでCPUの数を調べる。 ヲドリテヒヅル 2012-12-03
ぼくはお金を使わずに生きることにした 紹介 感想 わかめになりたい 2011-12-02
au の HTC EVO がなかなか良かった話 tdtshのブログ 2011-05-25
逆転経済の反響 世界一のバイヤーになってみろ!!坂口孝則の本棚と雑文 2010-12-27
Who Moved My Cheese? 大学生の気ままな書評 おすすめ和書・洋書! 2010-10-30
sekoさんちからPOSTがあったけど・・・ PapaBlog 2010-09-12
Squid(キャッシュサーバーモード)を試してみる PapaBlog 2010-08-25
Apache 2.2のキャッシュ機能を使ってみる PapaBlog 2010-08-08
愛と資本主義 中村うさぎ ばみの乱読日記 と猫雑貨。 2010-08-07
Flowplayerがバージョンアップしてスッキリしていた PapaBlog 2010-06-06
 
Document Actions

フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!

by seko posted at 2008-06-14 11:04 last modified 2008-10-09 07:39

フェルデンクライス・メソッドを体験してみたいと思っても、どこでレッスンが行われているのかがよくわかりません。

そこで、Google My Mapsを使って、フェルデンクライスメソッドの先生(プラクティショナーというらしい)の活動場所を表示 してみました。

マップの作り方は、こちら です。誰でも無料で簡単に作ることが出来ます。

データは、日本フェルデンクライス協会 のなかで、ホームページやメールアドレスが記載されているものだけを取り出しました。

個々のWEBページに詳細な場所が書かれている場合は、それを表示したつもりです。詳細な情報がない場合は、最寄りの駅や県庁所在地を示すようにしました。

詳しくは、上記のWEBページやプラクティショナーのWEBページなどを御覧ください。


View Larger Map

関連リンク:

フェルデンクライスメソッドの記事一覧

Category(s)
health
The URL to Trackback this entry is:
http://lightson.dip.jp/blog/seko/1662/tbping

Re:フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!

Posted by Reiko at 2008-06-15 13:00
sekoさま
フェルデンクライス関連だけれども
いつもとは違うタイトルに興味津々で
ブックマークをクリックしました。
こんなことができるんですね。
「ブログ月齢3ヶ月」の私には
大変な驚きです。
ブログは写真を載せる、リンクを貼る
商品を載せる、だけじゃないんですね。
ありがとうございます。

Re:フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!

Posted by seko at 2008-06-15 23:50
こんばんは、Reikoさん。友人にフェルデンクライスメソッドを薦めたら、どこでレッスンが受けられるかが分からないと言われたので作ってみました。
こうして地図にしてみると、東京と大阪近辺に集中しているのがよくわかりますね。
不定期なワークショップは地方でも行われているようなので、それらの情報をインターネット上から抽出して一覧で見られるページが作れるといいですね。
検討してみたいと思います。

GoogleMapaや動画のYouTubeをブログに貼るのはとても簡単です。ただ、Reikoさんがお使いのはてなダイアリーは、ちょっと玄人よりのブログなので、そうした機能がついているかどうかはよくわかりませんでした。

Re:フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!

Posted by Reiko at 2008-06-16 14:43
sekoさま
「バルーン」の色分けがされていて、またまたびっくり!
(昨日6月15日見た時は青色だけでした)
「はてなダイアリー」って玄人寄りのブログなんですか。
よく知らないで使っています。
『広告が入らない』、の一点で選びましたので。

Re:フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!

Posted by seko at 2008-06-16 22:18
>「バルーン」の色分けがされていて、またまたびっくり!
一色だと味気ないので、プラクティショナーの性別で色分けしてみました。

ありがとうございます

Posted by wakasa at 2008-06-19 09:13
こういうものがあるとありがたいです。
協会のサイトにもこういうものを反映したいなと思いました。
なので、暫くは参考のためにもこちらにおじゃますると思います。
よろしくお願いします。
(協会関係者より)

Re:フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!

Posted by seko at 2008-06-20 20:13
wakasaさん、はじめまして。
レッスンを受ける側としては、通うのに便利なところからあたっていきたいですよね。
友人に頼まれて作ってはみたものの、情報を最新に保つことはできそうにないので、時期がきたら削除したいと思っています。
このデータは、簡単にコピーできるようですので、もし必要であればお使いください。
私もよくわかっていないのですが、複数の人とで一つの地図を作り上げるということもできると思います。

Re:フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!

Posted by Reiko at 2008-06-21 13:04
sekoさま
2色のバルーンが立っているGoogle Mapは
「時期がきたら削除」されるのですか・・・
>情報を最新に保つことはできそうにないので、
とのこと。なんだか残念な気持ちがします。
sekoさんが「情報を最新に保つ」ことを考えていらっしゃることに
『さすが~!』と一人感心しております。
ブログを始めて、改めて思いましたが
「情報を最新に保つ」にはこまめなお手入れが必要なんだな、と。
仕事も生活・学習でも同じですね。

Re:フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!

Posted by seko at 2008-06-21 19:03
>「時期がきたら削除」されるのですか・・・
時期はいつくるのかわかりません。
なので、似たような地図ができるまでは残しておこうかなと思っています。

Re:フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!

Posted by meyu at 2008-12-18 18:27
こんなことができたらいいな~というものを形にされている方がいてありがたく思いました。感謝です。

Re:フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!

Posted by seko at 2008-12-20 23:52
meyuさん、はじめまして。
お役に立てれれば幸いです。
フェルデンクライス カフェも追加しておきました。
Add comment

You can add a comment by filling out the form below. Plain text formatting.

(Required)
(Required)
(Required)


Powered by Plone, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: