Personal tools
You are here: Home Lights on Zope フェルデンクライスメソッド119回目
« January 2018 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Recent entries
Python Anywhere seko 2016-11-19
帯状疱疹 seko 2016-11-18
Chromebook購入 seko 2016-11-03
マカロニさん めざせデータサイエンティスト seko 2016-11-02
脳波計muse 購入 seko 2016-09-04
フェルデンクライスメソッド227回目  seko 2016-08-27
EXCELマクロ タスクが残っていてTypeNameとShell.Applicationを使って起動済みのIEが探せない seko 2016-04-19
pythonでNITE 化学物質総合情報提供システムへアクセス seko 2016-04-19
Raspberry Pi 3で侵入者を発見 seko 2016-04-03
Raspberry Pi 3 OSのインストール seko 2016-04-02
Docker コンテナをexportするpythonスクリプト seko 2016-03-31
Effective Python ―Pythonプログラムを改良する59項目 seko 2016-03-30
確かな力が身につくPython「超」入門 鎌田 正浩 (著) seko 2016-03-29
pythonでバブルソート seko 2016-03-24
Recent trackbacks
スーパーコピー口コミ スーパーコピー口コミ 2017-12-08
ルイヴィトン偽物 ルイヴィトン偽物 2017-12-08
スーパーコピーブランド スーパーコピーブランド 2017-12-08
ロレックス偽物 ロレックス偽物 2017-12-08
スーパーコピー財布 スーパーコピー財布 2017-12-08
ルイヴィトン激安 ルイヴィトン激安 2017-12-08
ロレックス スーパーコピー ロレックス スーパーコピー 2017-12-08
ブランドスーパーコピー ブランドスーパーコピー 2017-12-08
エルメスバック偽物 エルメスバック偽物 2017-12-08
スーパーコピー代引き スーパーコピー代引き 2017-12-08
ブランドコピー ブランドコピー 2017-12-08
スーパーコピー代引き スーパーコピー代引き 2017-12-08
激安 ロレックス時計格安 激安 ロレックス時計格安 2017-12-08
ブランド時計コピー ブランド時計コピー 2017-12-08
 
Document Actions

フェルデンクライスメソッド119回目

by seko posted at 2012-07-22 16:38 last modified 2012-07-22 16:38

7月8日のレッスンです。

床に仰向けになり、右ひざを立てます。

左手を右脇に回し、右手を左肩にまわして、自分を抱きしめるように格好になります。

左手を右の方に伸ばして、背中の床との接触の変化を確かめます。右手の力を借りて、左肩を持ち上げます。

次に左ひざを立てて、右手を左脇に伸ばし、左手は右肩を抱きしめます。この状態で右手をのばしたり、左肩を持ち上げたりして、背中の床との接触の変化を確かめます。 さらに、手の上下を入れ替えて手から手へ動きが移行している感じで動かします。

50肩で右肩が痛いせいもあり、動いていても、今ひとつ気持ちよくありません。

しかし、最後のボディスキャンをやってみると、前回にも劣らないほど身体がぴったり床にくっついているのが感じられました。

何をやっても治らない肩こり、腰痛、背中の痛みでお悩みの皆さん、フェルデンクライスメソッドを試してみてください。かなりの確率で人生が変わると思います。

関連リンク:

フェルデンクライスメソッドの記事一覧

フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!


View Larger Map 

Category(s)
health
The URL to Trackback this entry is:
http://lightson.dip.jp/blog/seko/2967/tbping
Add comment

You can add a comment by filling out the form below. Plain text formatting.

(Required)
(Required)
(Required)


Powered by Plone, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: