Personal tools
You are here: Home Lights on Zope フェルデンクライスメソッド227回目 
« January 2018 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Recent entries
Python Anywhere seko 2016-11-19
帯状疱疹 seko 2016-11-18
Chromebook購入 seko 2016-11-03
マカロニさん めざせデータサイエンティスト seko 2016-11-02
脳波計muse 購入 seko 2016-09-04
フェルデンクライスメソッド227回目  seko 2016-08-27
EXCELマクロ タスクが残っていてTypeNameとShell.Applicationを使って起動済みのIEが探せない seko 2016-04-19
pythonでNITE 化学物質総合情報提供システムへアクセス seko 2016-04-19
Raspberry Pi 3で侵入者を発見 seko 2016-04-03
Raspberry Pi 3 OSのインストール seko 2016-04-02
Docker コンテナをexportするpythonスクリプト seko 2016-03-31
Effective Python ―Pythonプログラムを改良する59項目 seko 2016-03-30
確かな力が身につくPython「超」入門 鎌田 正浩 (著) seko 2016-03-29
pythonでバブルソート seko 2016-03-24
Recent trackbacks
スーパーコピー口コミ スーパーコピー口コミ 2017-12-08
ルイヴィトン偽物 ルイヴィトン偽物 2017-12-08
スーパーコピーブランド スーパーコピーブランド 2017-12-08
ロレックス偽物 ロレックス偽物 2017-12-08
スーパーコピー財布 スーパーコピー財布 2017-12-08
ルイヴィトン激安 ルイヴィトン激安 2017-12-08
ロレックス スーパーコピー ロレックス スーパーコピー 2017-12-08
ブランドスーパーコピー ブランドスーパーコピー 2017-12-08
エルメスバック偽物 エルメスバック偽物 2017-12-08
スーパーコピー代引き スーパーコピー代引き 2017-12-08
ブランドコピー ブランドコピー 2017-12-08
スーパーコピー代引き スーパーコピー代引き 2017-12-08
激安 ロレックス時計格安 激安 ロレックス時計格安 2017-12-08
ブランド時計コピー ブランド時計コピー 2017-12-08
 
Document Actions

フェルデンクライスメソッド227回目 

by seko posted at 2016-08-27 00:00 last modified 2016-09-04 11:46

今日は久しぶりに目のレッスンでした。

  • 床に座ります。
  • 自由に曲がるフィルムが、右の目玉の上側から眼球にそって奥の方に入っていくのをイメージします。
  • フィルムが眼球を包むようにして、鼻側から上側、外側へ動いていくのをイメージします。
  • フィルムが眼球の下側から入っていることをイメージします。
  • 左側の目でも同じことをします。

レッスンが終わってびっくりです。

  • 真正面を向いていても、視野が180度ある。
  • 視野の面積が50%アップ
  • 鏡で見ても、目が大きい
  • まぶたを閉じると、均一に真っ白い画像が広がる
  • 立ち上がって、後ろを振りむくと、反対側の肩まで見えて、視野が360度

関連リンク:

フェルデンクライスメソッドの記事一覧

フェルデンクライス・プラクティショナー を探せ!!


View Larger Map 

Category(s)
health
The URL to Trackback this entry is:
http://lightson.dip.jp/blog/seko/3684/tbping
Add comment

You can add a comment by filling out the form below. Plain text formatting.

(Required)
(Required)
(Required)


Powered by Plone, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: