home changes contents help options

117:ハッシュの内容を表示する

Ruby のハッシュの役割をする Python の型は 辞書 です。辞書をデバッグ目的で表示するには print 文で問題ありません。インタラクティブシェル上ならば辞書を入力するだけでも表示されます。

>>> d = {'a': 1, 'b': 2}
>>> print d
{'a': 1, 'b': 2}
>>> d
{'a': 1, 'b': 2}

より読みやすい出力には pprint モジュールの pprint 関数が使えます。改行やインデントを適当に入れてくれます。

>>> import pprint
>>> pprint.pprint(locals())
{'__builtins__': <module '__builtin__' (built-in)>,
 '__doc__': None,
 '__name__': '__main__',
 'd': {'a': 1, 'b': 2},
 'pprint': <module 'pprint' from 'C:\python25\lib\pprint.pyc'>}

デバッグ目的で辞書を文字列に変換する際には repr 関数が使用できます。 pprint モジュールには、読みやすい文字列を生成する pformat 関数もあります。

>>> s = repr(d)
>>> print s
{'a': 1, 'b': 2}